未来の科学者・技術者づくりと人材育成を目指す
アフレルのロボ・キャンプ/ロボコン運営。


2020年12月6(日)20日(日)に、21年目となる親子プログラミング教室「ロボ・キャンプ2020」をZoomによるオンラインで開催しました。
今年は「オンライン・ワークショップ」と「親子で作品づくり」「オンライン・プレゼン」と大きく3つに分けて実施し、19組の親子にご参加いただきました。

12/6(日)レゴのWeDo2.0を使って、オンライン・ワークショップ

オンライン・ワークショップでは、レゴエデュケーションアカデミー教員向け認定トレーナーの資格を持つ講師が、レゴR WeDo2.0の使い方、ハブやモーター、センサーがどんな働きをする物なのかを説明。参加者の皆様もモーターをハブにつないで実際にプログラミングをしました。作ったプログラムを再生してロボットが動くと「できた!」と嬉しそうな表情を浮かべる子どもたちがZoom画面いっぱいに広がりました。

基本的な接続方法を学んだあとは、「扇風機」に挑戦。傾きを検知するチルトセンサーや動きを検知するモーションセンサーを使って、扇風機本体が傾いたり、指が近づいたときなどの危険を検知するプログラムを作成していました。センサーの仕組みが分かりやすかったこともあり、皆さんスムーズに動かすことが出来ました。

ロボットの仕組みを学んだ後は、こんな扇風機があったらいいなと思う一番の扇風機づくりに挑戦しました。親子で知恵を出し合って、真剣に話し合う様子が画面から伝わってきました。そして、それぞれが自由な発想で考えた楽しい扇風機、安全な扇風機、便利な機能がついた扇風機などを制作し、制限時間内でプログラミングも行いました。作ったものを発表する時間では、意図した動作が再現できなかった子もうまく動かせた子も、どのような扇風機を作ろうと思ったのか?その理由は?など自分の言葉で表現していました。また、他の参加者の発表を興味深そうに見て、「なるほど!」という表情を浮かべている子どもたちが印象的でした。

12/7(月)~12/19(土)ご自宅でロボット作品づくり

オンライン・ワークショップでの体験を活かして、オンライン・プレゼンまでの12月7日~12月19日の期間は、ご自宅で「あったらいいな、こんなロボット」をテーマにロボットプログラミング作品づくりを行っていただきました。メインとなるロボット組み立て、プログラミングはお子様が担当、ロボットを引き立てる周りの世界観を保護者の方に担当していただき、ご自宅にあるブロックや空き箱、色紙なども使って、親子チームで1つの作品を仕上げていただきました。

また、プレゼンシート(プレゼンのポイントを記入するテンプレート)も記入していただき、オンライン・プレゼンに向けて動作確認や発表の練習など親子で協力しながら取り組んでいただきました。

12/20(日)自分の作品を自分の言葉で!オンライン・プレゼン

オンライン・プレゼンでは、午前の部の参加者が多かったことから2チームに分け、Zoomのブレイクアウトルーム機能を使って、少人数での発表を行いました。各自が事前に記入したプレゼンシートを表示しながら、子どもたちがそれぞれ作った作品のテーマや難しかったところ、工夫したところなどを説明し、実際にロボットをその場で動かして発表しました。保護者の方にも携わった部分についての発表をしていただき、発表を見ていた他の参加者からは、「私はこんな機能は思いつかなかった」「こういうロボットがあったら、とても便利だと思います」などのフィードバックのコメントも出し合いました。

表彰&専門家からのアドバイス

レゴエデュケーションアカデミー教員向け認定トレーナーからの表彰状と福井工業大学 工学部 電気電子工学科 准教授 中道 正紀 先生による作品へのアドバイスをいただき、参加者全員にお届けしました。子どもたちが自由な発想で作ったロボットをステップアップさせるためのヒントから、作ったロボットの動きが実はもう実用化されていることや、社会で今後どのように使われる可能性があるかなど今の学びが将来的に社会で役立つものになることなどをお伝えいただき、当たり前のようにロボットによる自動化が普及した未来について考えを深めるイベントとなりました。

開催後記

今年は、オンライン開催の関係で、19組の方にご参加いただきました。誠にありがとうございます。
主催者としまして、お子様と保護者様がともにプログラミングや制作に取り組み、楽しむ姿はとても嬉しいものでした。
ご参加いただいた方々にとって、「ロボ・キャンプ2020」が未来について考えるきっかけとなればと思います。
21年間もの間、継続して開催できたのはご参加いただいている皆様のお陰です。
今後も、より一層皆様に楽しんでいただけるロボ・キャンプを目指し、プログラミングでの教育支援に取り組んでまいります。

御礼

ご後援関係の皆様、日頃より私たちの活動へのご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
2020年12月6日、20日に開催いたしました「ロボ・キャンプ2020」につきまして、ご後援関係の皆様のご支援、ご協力をお願いいたしましたところ、快くご賛同いただき、厚くお礼申し上げます。
お陰様をもちまして、ロボ・キャンプ2020は定員を超える応募があり、盛況のうちに無事終了することができました。
これもひとえに皆様からいただきました絶大なるご協力の賜物であり、心より感謝とお礼を申し上げます。
今後ともご支援、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

後援


    福井県教育委員会    福井市教育委員会

主催

  • Afrel
  • 福井工業大学