2002 レゴマインドストームキャンプ 決勝大会
〜 レース規定とコース説明 〜

1. 概要

今回のテーマは「ダイナソーワールド」です。
恐竜の世界をイメージしたコースでレースを行います。
全長8mのコースを2台同時にスタートします。
先にゴールした方が勝ちです。ロボットは自律で動作するようにして下さい。


2. 競技説明

・審判がスタートと告げた後に、RCXの「RUN」ボタンを押して
  ロボットを発進させます。

・ロボットの一部がゴールラインを通過した時点でゴールになります。
   ★ここでのロボットは、RCXににつながれている部分を指します。

・競技の制限時間は5分間です。

・走行中にロボットに触れることはできません。


3. 規定

・ロボットの大きさは、25cm × 25cm × 25cm(縦×横×高さ)の
  範囲内で製作してください。

・RIS の基本セットのみで製作してください。
  (モーター2個、タッチセンサー2個など)

・ボンド、接着剤、テープなどブロック以外のもので固定
  しないでください。

・RIS もしくは、ロボラボ 1.5 でプログラムを作成してください。

・プログラムは、RCX の何番に入れるか、また、何個入れるかは
  問いません。


4. 注意点、備考

・レース中に不具合が生じた場合、審判の判断で再スタート、
  再試合を行うことがあります。

・競技時間外に、ロボットの改造をすることは可能です。

・ルールに問題が発生した場合、ルールを改正する場合があります。


5. コース

・コースは、途中まで高さ3cm のレール(壁)で仕切られています。

・1レーンの幅は、40cm で、2レーンあります。

・途中から、レーンが合流します。

・ロボット同士が接触する場合があります。

・1レーンの真ん中に、ライントレース用の黒のラインがゴールまで
  引いてあります。

・全長は、約 8mです。


6. コース実況

・スタートは、2台同時に行います。

・外周、内周の差を無くすために、外周側のスタート位置を
  調整します。

・まず、スタート直後に高さ3cm の坂があります。

・次に、左コーナーがあります
  ★そのコーナーの途中に、外側に2個、内側に1個、
    岩の障害物があります。
  ★岩の高さ3cm、幅10cmの大きさでランダムに置いてあります

・その先にある高さ 30cm のトンネルを抜けます。
  ★トンネルの先に、タッチセンサーがレール(壁)にあります
  ★そのセンサーに触れて一定時間経つと、その先にある
    ゲートが開きます

・次に右コーナーがあります。
  ★そこで、各レーンにの外側に5個、内側に2個岩の
    障害物があります。
  ★岩の高さ3cm、幅10cmの大きさでランダムに置いてあります

・その先で、今まで分かれていたレーンが合流します。

・レーンが合流しても、2台並走できる幅はあります。
  ★レーンが合流して、すぐにレゴマインドストームで作られた
 ゲートがあります

・レール(壁)に 5cm 四方に入る
 障害物(恐竜の卵)があります

・障害物(恐竜の卵)は、15cm おきに 4個並べてあります。
  ★コースの中央付近にも、障害物(恐竜の卵)が、
    固定せずに5個置いてあります ・恐竜の卵を抜けると、右コーナー があります。

・右コーナーを抜けると、右コーナーがあります。

・右コーナーの真ん中に、高さ 10cm の位置に上から鳥類の
  恐竜がぶら下がっています。

・右コーナーを過ぎると立体交差があります。高さ 30cm、
  傾斜角度は 17度です。

・立体交差を登りきると、100cm の直線があります。
  ★その直線の途中に、障害物(恐竜)が大小合わせて5体、
    ランダムに置いてあります。
  ★その障害物(恐竜)は、固定してあります。

・その後に、下りがあります。下りの途中に黒いラインの両端に、
  幅 10cm、長さ 20cm の砂利道があります。

・それを抜けると、左コーナーがあり、その先がゴールです。


7. 失格

・自分のロボットがコースアウトして、相手のロボットがゴール
 した場合

・コース上で、転倒、破損など走行不能になったと判断され、
  相手がゴールした場合

・制限時間 5分を超えた場合

・コースを走っている自分のロボットに触れた場合
・審査委員が走行不能だと判断した場合

8. 勝利条件

・先にゴールした人

・2台とも制限時間 5分を超えてもゴールしていない場合、
  その時点でロボットの本体(RCX)がゴールに近い人

・2台とも、転倒、破損し走行不能になった場合も
 同様で、ロボットの 本体(RCX)がゴールに近い人

・1台が走行不能になった時、もう1台が制限時間を超えた場合、
  その時点でロボットの本体(RCX)がゴールに近い人


★の印が付いている部分を変更しました


主催  

レゴマインドストームキャンプは、デジタル時代の新しいコミュニケーションを体験していただくことを目的として、
永和システムマネジメントが毎年実施しています。

Copyright2002 EIWA SYSTEM MANAGEMENT INC. All Rights Reserved.
®LEGO is trademark of the LEGO Group. ©2002 LEGO Group.

トップに戻る