プログラミング教育実践事例発表会

インターナショナルワークショップ
レゴ・マインドストームズを使った教育
--- エデュテイメントとソフトウェア技術教育 ---




会場の様子
寒い中、たくさんの来場者で会場が埋められました。
兵庫県や奈良県、中には大分県からの参加者もあり、
ルンド教授の講演が貴重であることを再認識する一日でした。



中学生による発表の内容
ロボット・プログラミング・キャンプに参加した中学生が、プログラミングでの工夫や
その難しさと楽しさについて発表しました。

左: たけし君
右: そうじ君

二人は、2002年8月に開催されたコースに
参加しました。
発表は、永和システムマネジメント:小林の質問に答える形で彼らの考えを話すというものでした。
彼らの発表内容を簡単にまとめました。

そうじ君    ロボット:「無人君ウィング
  小  林  :参加する前からロボットに興味はありましたか?
  そうじ君:前から興味があって、機会があったら参加してみたいと思っていた。
  小  林  :ロボットを作ったことは?
  そうじ君:ラジオキットなんかは作ったことがあった。
  小  林  :キャンプでマインドストームを使ってロボットを作る時に
            どういうところを工夫したのかな?
  そうじ君:センサをロボットの外側につけて、ロボットが内側を走るようにした。
            そうすればロボットが走る距離が短くなって、速く走れると思った。
  小  林  :プログラムで工夫したのはどこだろう?
  そうじ君:最初はセンサを使わないでまっすぐ進むようにして、タイムが短くなるようにした。
            そうじ君のプログラム画像
  小  林  :キャンプに参加してみて、プログラムがどんなものかわかったかな。
  そうじ君:テレビゲームで、「はい」とか「いいえ」を選ぶのは、ライトセンサで
            明るいとか暗いを見ているのと同じだと思った。
  
たけし君    ロボット:「なぞの生命体
  小  林  :キャンプに参加する前から、プログラムがどんなものか知ってたのかな。
  たけし君:命令して動くものだと思ってました。
  小  林  :それはどこで知ったの?
  たけし君:テレビでロボコンとか ASIMO とかを見て知った。
  小  林  :この日に作ったプログラムを説明してください。
  たけし君:最初はラインの内側を見て走るプログラムを作ったけど、途中で両方を見る
            プログラムにして、最後は外側を走るのにした。
            たけし君のプログラム画像
  小  林  :なぜ最後は外側を見るプログラムにしたのかな。
  たけし君:それが一番タイムが速かったから。
  小  林  :また参加するとしたら、今度はどんなロボットを作ってみたい?
  たけし君:どんな状況でもちゃんと動くロボットを作りたい
  
将来、ルンド先生みたいな科学者になりたい?
コンピュータを使った仕事をやってみたい?
  そうじ君:興味はあるけど、まだわからない。
  
  たけし君:僕はどっちかというとなりたい。プログラムとかも作ってみたい。
  
関係リンク
福井大学工学部知能システム工学科

トップに戻る

Copyright2003 EIWA SYSTEM MANAGEMENT, INC. All Rights Reserved.